コラテラル

 トム・クルーズが悪役を演じたことで話題になった映画『コラテラル』ですが、思いの外シナリオがよく出来ている作品で、トム・クルーズ演じる殺し屋とジェイミー・フォックスが演じたタクシードライバーの性格の対比が得にこの作品に彩りを与えているように感じました。公開は2004年で、マイケル・マン監督によって作り上げられました。

ストーリー

 平凡で真面目ながらもどこかで夢をあきらめているところがあるタクシードライバーのマックス《ジェイミー・フォックス》は、ある夜に、最初の客アニー(ジェイダ・ピンケット=スミス)と目的地につくまで間で些細な賭け事をします。結果はマックスの勝ちで、彼は検事局に務める彼女から何か困ったときにと連絡先をもらいます。そして次に「ヴィンセント《トム・クルーズ》」と名乗るビジネスマン風の客をのせてしまいます。目的地に着くやいなや、ヴィンセントはマックスの生真面目さを買って、マックスに直接、タクシーの貸切りを持ちかけて来るのです。はじめは「貸切りは規定違反だ」と断るマックスでしたが、ヴィンセントの強引さと600ドルの誘惑に負けて、これを引き受けてしまいます。

しかしそれは単なる貸切りではなく、殺し屋の手伝いをさせられる事を意味していました。当初マックスはそれに気付かなかったが、ヴィンセントが殺した標的の絶命体がマックスのタクシーの上に落下するアクシデントが発生。戻ってきたヴィンセントは態度を豹変させ、マックスが何かしようものなら殺すのも厭わないと出る。かくして、マックスの人生最悪の時が始まってしまった。

ヴィンセントは柔らかな物腰とは対照的に、殺人に対して一切の感情を持たない冷酷な殺し屋だったのでした。地球上から人間が一人二人消えた所で何の変化も無いと言い切る彼にマックスは別世界の人間を見るような思いがしています。ヴィンセントは標的データの入った鞄を奪って逃げようとしたチンピラ二人を躊躇無く殺し、クラブハウスでマイルス・デイヴィスの昔話に花を咲かせる老トランペッターもあっさりと殺してしまいます。

冷酷な反面、ヴィンセントは入院しているマックスの母に見舞いの花を贈るなど意外な一面を見せるが、目の前で次々に行われる殺人に耐えられなくなり、マックスは隙を見てヴィンセントの殺人データの入った鞄の中身を路上に捨てて使用不能にしてしまいます。しかしヴィンセントはこれぐらいでは諦めず、殺人データのバックアップを取りに依頼人である麻薬組織のボス、フェリックス《ハビエル・バルデム》の所へ自分の身代わりで行けと命じられます。一つ間違えれば殺される所をマックスは何とか言い逃れてバックアップのUSBメモリーデータを手にヴィンセントの所に戻る。

ヴィンセントが5人目の標的を始末する為、盛り場で大乱闘になっていた頃、マックスはヴィンセントの犯行当初からこの事件を追っていた刑事に保護されるが仕事を終えたヴィンセントは彼も殺してしまいます。自分が犯罪と無関係だった事を信じてくれた刑事を目の前で殺され、怒ったマックスはヴィンセントを乗せたまま、わざと無謀な運転をしてタクシーを横転させてしまいます。ヴィンセントは一人、最後の標的である6人目を殺しに去る。

事故を目撃した警官がマックスを発見し保護しようとしますが、トランクに入れていた最初の被害者の絶命体を発見し、殺人の容疑者としてマックスを拘束しようとします。言われるがままに逮捕されようとしたマックスだったのですが、ヴィンセントが残した端末画面に6人目の標的の姿が表示されていました。それは最初に乗せた若い女性検事アニーだったのでした。このままでは確実にアニーが殺されてしまいます。そう考えたマックスは警官を拘束して銃を奪い、アニーの元へ駆けつける。

電話をかけてもなかなか繋がらないが、ようやくアニーと連絡が取れたマックスは必絶命になって彼女に絶命の危険が迫っている事を説明します。最初は取り合わなかった彼女だったのですが、ただ事ならぬ事態を悟り、何とかヴィンセントをかわして庁舎ビルからマックスと逃げ出す事に成功しています。ビルの地下に直結した地下鉄でヴィンセントから逃げ延びようとする二人だったのですが、ヴィンセントは犬の嗅覚で冷徹に車内の二人を追い詰めて来る。逃げられないと悟ったマックスは走行中の地下鉄の明かりが消えたセツナ、連結部のドア越しに銃弾を撃ちまくります。ヴィンセントも同じく銃を撃つが致命傷を負ったのは彼の方だったのでした。ロスの地下鉄で男が絶命んでも誰も気にかけない。自らの命にも感情を示さずヴィンセントは座席の上で眠るように息絶える。悪夢の一夜は終わり、マックスはアニーと連れ立って明け方の地下鉄を降りて行く。

キャスト

  • ヴィンセント トム・クルーズ 森川智之
  • マックス ジェイミー・フォックス 高木渉
  • アニー ジェイダ・ピンケット=スミス 朴璐美
  • ファニング マーク・ラファロ 山路和弘
  • リチャード ピーター・バーグ 青山穣
  • ペドロサ ブルース・マッギル 辻親八
  • アイダ イルマ・P・ホール 片岡富枝
  • ダニエル バリー・シャバカ・ヘンリー 宝亀克寿
  • フェリックス ハビエル・バルデム 大川透
  • 空港の男 ジェイソン・ステイサム 古田信幸

感想

 トム・クルーズが珍しく悪役ですが、実質的な主役はジェイミー・フォックスのほうです。偶然乗せたある乗客の仕事にどんどんと巻き込まれていくハードボイルドサスペンスな本作ですが、本当の見どころは、窮鼠猫を噛むと言わんばかりのジェイミーの変貌でしょう。「仮の仕事」だと言い、夢を夢のまま終わらせようとしているそんな男が、ある女性を助けるために大仕事、大立ち回りを演じます。勿論クールでラディカルなトム・クルーズも魅力的ではあるんですけどね。

驚くべき映像美! トム・クルーズ主演映画「オブリビオン」とその他トム主演映画を紹介するゼッ!!