インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

 何故かブラット・ピットとトム・クルーズが共演している異色吸血鬼モノ映画『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』は、1994年製作された作品で、当時どの程度ヒットしたものなのかは想像するしかありませんが、両者の演技からストーリーの運び方、少しずつ氷解していく謎、そして、印象に残りすぎるラスト場面と言うまでもなく名作という作品になっています。元々はアン・ライスによる小説『夜明けのヴァンパイア』を映画化した作品で、小説自体は1976年に出版されております。そんな本作ですが、インタビュアー役を演じるはずだったリバー・フェニックスが絶命亡してしまったため、クリスチャン・スレーターが演じ、また、原作者自身が俳優のジュリアン・サンズをレスタトの役にと言っていたところをトム・クルーズを配役しました。これに関して原作者は「クルーズが私の吸血鬼レスタトになるのなら、エドワード・G・ロビンソンがレット・バトラーになれる」とコメントし、この配役は「とても変。どうしてこれでうまくいくのかほとんど想像できない」とまで言っていたのでした。しかしながら実際に演技を見るとトムがレスタト役を成功させたことは、私には予知できなかったこと」と述べ、『デイリー・バラエティ』誌に7740ドルの見開きページの広告を掲載して前言を撤回しておりました。

ストーリー

 カリフォルニア州サンフランシスコ。とある建物の一室で、野心的なライターの青年ダニエル・マロイ《クリスチャン・スレーター》は用意したテープを回し、黒髪の青年紳士ルイ《ブラッド・ピット》へインタビューを始める。

「私はヴァンパイアだ」

 ルイは、200年というその驚くべき半生を語り始める。

 18世紀末のアメリカ合衆国ニューオリンズ。フランス移民で農場主のルイ。最愛の妻と娘を同時に失い、絶望の底で自暴自棄になった彼に一人の男が興味を持つ。レスタト《トム・クルーズ》と名乗るその男の正体は、生き血を糧に永遠の時を生きるヴァンパイアだったのでした。彼は、人間的で弱く繊細な魂を持つルイに魅力を感じ、永遠を共に生きる伴侶に彼を選んだのである。首筋に牙を立てられ「このまま絶命するか。共に生きるか」という選択を与えられたルイは、ヴァンパイアとして生きる道を選んだ。

 欲求に忠実で、ためらいも無く人を襲い続けるレスタト。それとは対照的に人の良心を捨てきれないルイは、他人の命を奪うことが出来ず農場の小動物の血をすすって喉の渇きを凌いでいました。ルイはある時、美しい女の子クローディア《キルスティン・ダンスト》に出会う。ペストの蔓延によって両親を失い、力無く泣き縋る幼い女の子をルイは抱きしめるが、喉の渇きに耐え切れず彼女の首に噛み付いてしまう。その一部始終を影で見ていたレスタトは大喜びし、クローディアをヴァンパイアとして蘇生させます。そして、人と吸血鬼の 狭間で悩み続けるルイにその幼い吸血鬼の世話役を与えた。

 子供特有の貪欲さを持ち、ほしいままに血を求めるその素質を気に入ったレスタトはクローディアの教師役となりました。より良い血を得る術から忌むべきタブーに至る、レスタトの美学の全てを教え込まれたクローディアは次第に歯止めが効かなくなり、やがてレスタトと共に人々を恐怖に陥れる存在となりました。そんな彼女を心配しつつも本能的に湧き上がる欲求との戦い……ルイはいまだ良心の呵責に苛まれ続けていました。

 数十年後。クローディアは大人のレディー性に憧れを抱き、その容姿に執着し始める。肉体は女の子のままでありながら、その心は知性を持った大人のレディーに成長していたのである。「何故私は大人になれないの?」「私をこんな姿にしたのは誰?」真実を知ったクローディアは、やり場の無い激怒と悲しみを爆発させます。必絶命に許しを請うルイとは対照的に、レスタトは「永遠の命を与えられて何が不満なのか」と言い返す。

 女の子の憎悪の方向はレスタトに向けられて、常軌を逸した感情はルイをも巻き込んだ逆襲プランへと変わっていく。

キャスト

  • レスタト・デ・リオンコート トム・クルーズ
  • ルイ・ド・ポワント・デュ・ラック ブラッド・ピット
  • クローディア キルスティン・ダンスト
  • ダニエル・マロイ《インタビュアー》 クリスチャン・スレーター
  • アーマンド アントニオ・バンデラス
  • サンティアゴ スティーヴン・レイ
  • イヴェット タンディ・ニュートン

製作情報

監督

ニール・ジョーダン

シナリオ

アン・ライス

原作

アン・ライス

『夜明けのヴァンパイア』

製作

スティーヴン・ウーリー

デヴィッド・ゲフィン

音楽

エリオット・ゴールデンサール

主題歌

ガンズ・アンド・ローゼズ

「悪魔を憐れむ歌」

撮影

フィリップ・ルースロ

編集

ミック・オーズリー

製作会社

ゲフィン・ピクチャーズ

配給

ワーナー・ブラザーズ

感想

 ブラット・ピットとトム・クルーズが共演しているという――もう、これだけで「見なきゃ」となってしまいそうな隠れた名作です。ブラット・ピットはともかくとして、トム・クルーズがヨーロピアンなレスタト役がどうなんだみたいな話が、各所でありましたが、異様に見えるほど嵌り役で、とにかく吸血鬼としての生を物凄く楽しいでいるトム・クルーズの耽美かつウザい感じが非常にすばらしかったです。ブラット・ピットが演じたウジウジと吸血鬼になったことを二〇〇年も悩み続けるというルイの演技も素晴らしく、序盤の謎多き場面から徐々に氷解していくその展開は本当によく出来たシナリオだと思いました。

驚くべき映像美! トム・クルーズ主演映画「オブリビオン」とその他トム主演映画を紹介するゼッ!!